尊敬する友より


尊敬する友より今年もお米が届いた。友というのもおこがましいほど才能ある人間だ。本人は音楽家なのでお米を自身でつくっている訳ではない。福島から山梨へ移動して農業を再開した人をずっと応援している。昨年に続いて今年も我が家にお米が届いた。Live会場で米を販売する音楽家は、MC時間に彼の音楽を聞きにきた若い人たちへお米の説明をする。今の時代はこんなバランスの人間が貴重だと思う。自分の言いたいことをしっかりと発言し、それだけでなく活動する。尊敬する。

お会いした事はないのだけれども、農家の人は今年はどうだったんだろか。慣れた土地を離れて農業を再開するご苦労は計り知れない。お米の入った袋を手にして今年も収穫された努力を想像する。がんばっている人はいる。

この音楽家が仲間とつくってくれた「あめつちの日々」の音楽は、間違いなく音楽の力で映画の世界を広げてくれた。感謝してる。