映画 長崎の郵便配達

The Postman From Nagasaki.

2019年内完成予定 2020年配給・上映予定

1945年8月9日長崎に投下された原爆の被爆者である 故 谷口稜曄(たにぐちすみてる)氏 2016年ドキュメンタリー映画を自主製作している川瀬美香監督が世界に向けて平和を訴え続けている谷口氏の活動を未来に伝えようとカメラをまわしはじめるが、2017年8月30日故人となりました。谷口氏の生前、谷口氏をインタビューし世界にむけて書籍化した故 ピーター・タウンゼント氏のことを聞いていた川瀬美香監督が、娘であるイザベル・タウンゼント氏にコンタクトをとりフランスに会いに行ったところから制作が再スタートしました。 イザベル・タウンゼント氏と川瀬美香監督が心通わせ、未来(子供達)に向けて平和を語りかける。

 

私たちはこの映画をつうじて、次の世代(子供達)のために戦争や暴力のない世界にしたい、というメッセージを発信し続けたいと思います。

 

 

 

お知らせ

2018年8月に出版された翻訳本(完全版)「ナガサキの郵便配達」と本映画「長崎の郵便配達」は別の製作委員会です。さらに、出版された書籍の内容(ピーター・タウンゼント氏の原本)と、本映画の内容(川瀬美香監督によるドキュメンタリー企画)は全く別の内容となります。

現在制作途中の段階で、様々な推測内容がお伝えされているようですが、ドキュメンタリー制作ですので、撮影現場でおきていることが本編内容となりますので、推測された情報と完成した内容が異なることをあらかじめご理解ください。一部新聞等で本件映画のことが掲載されていますが、ドキュメンタリーの撮影現場での取材および同行等は出演者および監督の制作意図を妨害する恐れがありますのでお断りします。企画内容、制作状況等につきましては、守秘義務契約締結後にお伝えしますので、ご理解頂きたくお願いします。