冒険


生きてる間に世界一周に行けるものなら行ってみたい。なんなら何周でもいい、と思う。何年もかけて。

Peter Townsendのことは以前にもここに書いたけど、その後知人がようやく彼の自伝を入手した。Peterはある事があって心が折れ、ひとりで旅に出る。選んだ旅の相棒は1台のランドローバー。車で世界一周である。欧州からアフリカへ移動してそのまま大陸を東へ。極東の日本から海を超えてアメリカ大陸へ。

旅で目にしたものを得て、彼の人生はクールに進む。

人生の途中で一度何かしらの覚悟をした人間は、そのような話を交わさなくても、なんとなくだけど、会うとわかるように思いませんか。そういう人間に興味がある。

今日は編集仕事に飽きて家の近所を散歩した。世界一周にはほど遠いけど、気持ちがいい。春一番はもうすぐだ。